転職エージェント

転職エージェントの仕組み

転職エージェントの仕組み

多くの日本国内にある転職エージェント会社が無料で転職希望者にサービスを提供しています。では、オフィスを構えて人件費も掛かるのに何故無料でサービスを提供できるかを、このページではお伝えします。

転職エージェントのビジネスの内容と収益の仕組み

転職エージェントビジネスモデルは極めて簡単です。下図は転職エージェントのビジネスの内容ですが、自社に登録してくれていた転職希望者と対面で会いヒアリングを行い、転職希望者の希望にあった企業様を紹介し、採用が決まったらその対価として成果報酬を転職エージェント会社に企業が費用を支払います。そこが転職エージェントの利益となってきます。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントの成功報酬は会社によって左右しますが、想定年収の30%~35%と言われています。「2017年度版 Webデザイナーの平均年収」の平均年収は330万となっていますが、その金額で計算すると約103万円が転職エージェントの成功報酬費用となります。

転職希望者が無料でサービスを受けれる2つの理由

1、法で守られている

転職希望者から利用料を取る事は「職安法32条の3第2項」にて原則禁止されているからです。

2、転職エージェントは企業から費用を頂いている

転職エージェントは採用をしようとしている企業から成果報酬で多額の費用を頂いているからです。

お金を払う企業側の4つのメリット

では、採用募集をしている企業が年収の30%~35%という費用を支払ってまで転職エージェントを利用する企業のメリットは下記通りです。

1、事前コストが不要

求人サイトの場合は掲載に数万~数十万単位の費用が掛かりますが、採用希望の企業には事前のコストは一切いりません。しかも事前に欲しい人材のスキルや人物像を伝えいてるので、採用時のミスマッチを軽減でき、望んでいる転職希望者と会えるの可能性が高いからです。

2、退職した場合の返金保証がある

求人サイトで募集をした場合3ヵ月以内でその社員が辞めてしまった場合、企業は数百万単位の損害となります。しかし、転職エージェントを使うと返金保証がある転職エージェントが多いです。だから、6か月以内に採用した人材が、明らかに転職した本人の責によって解雇に至った場合や自己都合によって退職した場合は、期間によって変動はしますが返金保証が付けています。

3、採用担当の労力を軽減できる

通常の採用活動の場合、費用を掛けて採用募集をし書類審査を経て面接を何度か重ね審査を進めていきます。だから、時間も労力も非常に掛かってしまいます。しかし、転職エージェントを利用する事で、マッチングしてるであろう転職希望者を紹介してくれるので大幅な時間のカットする事が出来ます。

4、採用コストを抑えることが出来る

通常の採用活動する場合、採用広告費が掛かります。更に採用に関わる従業員の人件費やその他運用コストが掛かりますが、書類審査までに掛かるコストを大幅に削減できるのも企業にとってはメリットになります。

まとめ

転職エージェントの仕組みを理解できましたでしょうか?

転職エージェントの利益を上げる仕組みが分かったら、安心して無料で転職エージェントの手厚いサービスを受ける事が出来ると思います。しかも一人採用が決まる事に数百万円の利益が上がるので利益は大きいと思います。

転職エージェントを利用する事で求人企業も採用労力もコストも削減でき、転職希望者も応募の準備に掛かる時間や自分の希望に合った会社を探す時間が大幅に削減できるからメリットがあります。まずは、一度転職エージェントに無料登録をしに足を運んでみる事をお勧めします。

>>運営者がピックアップした転職エージェントをチェックする
>>転職エージェントとは?
>>転職エージェントの種類
>>転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ
>>転職エージェントを賢く選ぶための8つのポイント

関連記事

  1. 転職エージェントを賢く選ぶための8つのポイント

    転職エージェント

    転職エージェントを賢く選ぶための8つのポイント

    日本国内では小中大企業が、様々な強みを打ち出しながら、数多くの転職エー…

  2. 転職エージェント

    転職エージェントの種類

    このページでは転職エージェントの種類について説明します。転職エージェン…

  3. 転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ

    転職エージェント

    転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ

    では実際に転職エージェントに登録して入社するまでの流れを説明していきた…

  1. 株式会社WORKPORT

    ピックアップ 転職エージェント

    株式会社WORKPORT(ワークポート)
  2. Webデザイナーがキャリアアップに重要な企業の4つの事業形態

    Webデザイナーになるには

    Webデザイナーがキャリアアップに重要な企業の4つの事業形態
  3. Webデザイナーに必要な6つのスキル+独立時に必要な5つのスキル

    Webデザイナーとは

    Webデザイナーに必要な6つのスキルと独立時に必要な5つのスキル
  4. マイナビクリエイター

    ピックアップ 転職エージェント

    マイナビクリエイター
  5. 転職エージェントの仕組み

    転職エージェント

    転職エージェントの仕組み
PAGE TOP