転職エージェント

転職エージェントの種類

このページでは転職エージェントの種類について説明します。転職エージェントは大企業から中小・ベンチャー企業まで、多くの企業が参入しています。

人材会社を分類すると、主に2種類に分かれます。様々な業界・業種の人材紹介をしている【総合型転職エージェント】と、業界に特化した【業界特化型転職エージェント】の2種類です。それではその2種類の転職エージェントの違いとメリットを説明していきます。

 

総合型転職エージェント

総合型の転職エージェントはリークルートエージェント・マンパワーグループ・マイナビエージェント・type転職エージェント・パソナキャリア・DUDA(デューダ)・Spring転職エージェント(アデコ)・JACリクルートメント等の大手や老舗の人材会社で、業界・業種を問わず幅広い転職案件を取り扱っています。メリットは下記通りです。

メリット

  • 大手企業ばかりなので安心感が高い
  • 転職コンサルタントの質が高い
  • 求人数は圧倒的に多い
  • 転職希望者に対するフォローを手厚くできる

 

業界特化型転職エージェント

Web業界・IT業界・医療業界など業界に特化している転職エージェントです。Web業界でいうとレバテッククリエイター・レバテックフリーランス・ワークポート ギークスジョブ マスメディアン 等の企業が有名です。

業界に特化している分、大手転職エージェントにない求人案件があったり、転職コンサルタントが業界に精通していることが多いので、専門的な話も通じやすいです。メリットは下記通りです。

メリット

  • 業界に精通しているからコンサルタントの経験と知識が豊富
  • 総合型転職エージェントにはい独自の求人情報がある
  • スキルアップのフォローをしている会社もある

 

最後に

転職エージェントにある求人の8割~9割が非公開求人なので、インターネットの求人情報では中々見つからない求人情報が手に入ります。

非公開にするには理由があり人気企業・人気職種の採用を行う時に、求人応募数が多くなり企業側の採用関係の方々に多くな負担が増えるので、敢えて非公開で募集をしている会社が多いです。

だからこそ、本当に自分が望むキャリアを進むためにも、良い転職先を選べた方がより目標達成・自己実現の角度が上がっていきます。

ここでポイントは【総合型転職エージェント】と【業界特化型転職エージェント】を両方バランスよく登録する事です。各社に得意分野があるので、より多くの質の高い情報を得る為にも、利用する価値は高いです。

まずは、たった数分で終わる無料登録をしてみる事をお勧めいたします。

>>運営者がピックアップした転職エージェントをチェックする
>>転職エージェントとは?
>>転職エージェントの仕組み
>>転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ
>>転職エージェントを賢く選ぶための8つのポイント

関連記事

  1. 転職エージェントを賢く選ぶための8つのポイント

    転職エージェント

    転職エージェントを賢く選ぶための8つのポイント

    日本国内では小中大企業が、様々な強みを打ち出しながら、数多くの転職エー…

  2. 転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ

    転職エージェント

    転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ

    では実際に転職エージェントに登録して入社するまでの流れを説明していきた…

  3. 転職エージェントの仕組み

    転職エージェント

    転職エージェントの仕組み

    多くの日本国内にある転職エージェント会社が無料で転職希望者にサービスを…

  1. Webデザイナーが就職・転職におすすめな転職サイト8選+アプリ1選

    Webデザイナーになるには

    Webデザイナーが就職・転職する時におすすめの転職サイト8選+アプリ1選
  2. 未経験のWebデザイナー志望者が職業訓練校を使うメリット

    Webデザイナーになるには

    未経験のWebデザイナー志望者が職業訓練校を使うメリット
  3. 転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ

    転職エージェント

    転職エージェント利用して入社する迄の7つのステップ
  4. 2017年度版 Webデザイナーの平均年収

    Webデザイナーとは

    2017年度版 Webデザイナーの平均年収
  5. 転職エージェント

    転職エージェントの種類
PAGE TOP